お昼寝削って出掛けた。うちのPCがだめぽなの?

今日はムダ足でへとへと。バスが渋滞で到着したい時間を大幅に過ぎ、
修理に持ち込んだプリンターの故障箇所が結局分からずじまい。重かったし(泣)…
なにをどうこうしても、よくわからないのです。しばらく格闘が続きそうですが
新しいのに手を出すって言ったってなぁ…(遠い目)

           *

その修理センターは同じメーカーのカメラも受け付けているので
夕方近くはプリンターとカメラをもったお客さんでごった返していました。
何度もテストプリントをしていただいてたので、ぼーっと待つ間
となりのおじいさんと店員さんとのやり取りを耳にしました。

「この部品の交換でしたら1万円近くかかってしまいます。」
「結構ですよ。直してください。」
「しかしこの部品の生産が終了してしまいまして、
 また再び壊れた時にはもう直せなくなってしまうんですねぇ。」
「え…。じゃ、どうすんのぉ?」
「ハイ、こちらが言いますのもナンですがそろそろ買い替え時かと…」

ん〜。相当古いカメラなのかな、とそのおじいさんのカメラを見ると
ここ2〜3年のコンパクトサイズではないにしても、
いやまだまだ見るタイプのデジカメ(私はフツーにそう思った)。
う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、と考え込むおじいさんの前で、あれやこれやら忙しなく動き回る店員。
「お客さまのこのカメラですと、当時で8万円くらいで購入されましたよね。」
話はもう新品購入のススメに突入しており、ためらいながらも素直に聴くおじいさん。
その後ろでは眉間にシワ寄せて聞き耳たててるあやしい女(わしじゃ!)。
98年だか99年製のデジカメで、店員の言うトコロもうすっかり買い替え対象らしい。
まぁ、手のひらサイズで2〜3万で買える現在のモノはそういう定義で売られてるのはわかる。
あ〜ん。でもなんだかなぁ。
おじいさんは最後まで愛着のある我がカメラを撫でていました。
その後どう決着したかは、その時私のプリンターが店頭で絶好調に印刷をおっぱじめ、
「い、家ではまったく印刷できなかったんですぅ〜」とバツの悪い空気に
胸が締めつけられていたため、確認できませんでした。ううむ。
あきらめるまい。あきらめるまい。
[PR]
# by michikies | 2006-09-05 00:00

部屋の中心で「ちきゅうっ!」とさけぶ。

先日、ちょーっと女性的目線(笑)な男性オーナーがいらっしゃる
お花屋さんに入りました。インテリア雑貨やアクセサリーも置いてあり、
ふと、クリスタルの美しい小さな地球儀に目が止まり購入。
「風水的には善いんですよ、地球儀。」とオーナー。
「部屋のどこら辺に置くんですか?」「中心かな。」っつーことで、
きゅるきゅると回る地球くんを部屋に置いてみてます。
何かいいことあったら報告します(笑)。

**********************************

湿気もだいぶ減って、日差しは暑いけど秋空です。9月かぁ。
今月は知り合いにやったらとお誕生日が多いのです。それも日にちが集中。
同じ日生まれが3人!その次の日生まれも。下は2歳から上は40代の方々まで。
私にとっては皆知り合いでも、それぞれはあまり面識がなかったりしますから、
私だけニヤニヤしてますけどね。なんだか不思議で笑っちゃうメンバーなんですよ。
乙女座とっておき仲間の皆様、おめでとうございます☆ …双子座より。
[PR]
# by michikies | 2006-09-03 00:00

クロネコ球児



クリックでなーんでも届けてもらえるところで、たくさんの運送屋のおにーさんたちが
毎日のように家まで運んでくださいます。本当にありがたい。。。
我が家担当クロネコのおにーさんは、
藤川球児から「がっちり」さを抜き取ってメガネをかけさせた感じのヒトで
重い荷物は必ず部屋の入り口までもってきてくれます。はい、当たり前かと思いますが、
最近のマンションは留守の時のため1階に宅配ボックスなるものが存在し、
大抵の運送屋さんはそこに入るサイズなら入れておいてくれるのです。
他のおにーさんが担当だと、24本入りのペットボトル箱もそこに入れられるので
やや奇声(笑・!?)をあげながら自分の部屋まで持っていくことになります。
いえいえ、マンションまで持ってきてもらうだけでぜんぜんありがたいんですけれど、
でもその藤川似のおにーさんは想像力をちとだけ働かせては、気を遣ってくれるといいますか、
留守が続いても足を運んでくれるので、最近ちょっと感動しています。
そうそう、以前にも廊下のゴキブリ退治してくれたのもこのおにーさんでした。
え?ここで恋が芽生えるかですって?ん〜そりゃわからんな(爆)!
[PR]
# by michikies | 2006-08-24 00:00

これだけ木や土の少ないところでも、年々少なくはなっていても
蝉の声をきけるのはしやわせです。夏の暑さは苦手ですが
季節感じる、ワクワクする気分ってのは
意識より無意識にカラダの本能がヨロコブ感じをわかっています。
先日は千葉の方でたくさんの蜩(ヒグラシ)の鳴き声に遭遇して
頭の中がα波で満たされました。遠い遠い懐かしい、柔らかくってせつなくって、
なんなんでしょう(笑)ココロがクゥ〜ンとなった夏休み、な感じ(?)。

***

連ドラ『純情きらり』も戦争まっただ中ですが、毎朝見てしまうと泣いてしまうので
なるべく録画をして夜中に見ます。で、やっぱりすぐ貰い泣きです。
なんかこんな涙腺の自分どうなの?って思います。易すぎ。

********************

終戦記念日。
[PR]
# by michikies | 2006-08-15 00:00

雨時々、おしらせ。


by michikies
プロフィールを見る