カテゴリ:アルバムクロニクル( 22 )

iTunes 配信開始のお知らせです

遅ればせながら、ようやく
iTunes配信ダウンロードができるようになりました!!
それに伴いamazonやレコチョクなどでも販売が始まりました。
(リンク先は→メニューバーに記載しております)
アルバム丸ごとでも、1曲ずつでもお楽しみいただけます。
この機会にぜひどうぞ☆

『Night buzz』
『TALEA DREAM』
『TOKYO GIRLS TALK』


また、昨年末に発売された
『Jazzy Christmas / Peaceful』こちらも絶賛ダウンロードちゅうです!


c0123679_10241023.jpg



[PR]

by michikies | 2014-04-24 00:00 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その18(2ヶ月後編)

c0123679_10351223.jpg


アルバム発売からちょうど2ヶ月。
ようやく発売後初のWhat is HIP?とのライブになります。
前回は発売前でありながらもたくさんご来場いただいて、
本当にありがとうございました。そして
今回はばっちり耳に覚えのある曲がたくさん出てきますので(笑)
週明け月曜日ですが是非、お待ちしています!!


c0123679_1040777.jpg

c0123679_10391746.jpg

c0123679_10383351.jpg



4月21日(月)新宿ピットイン
Open 19:30 Start 20:00~  ¥3,500-(1ドリンク)
問い合わせ/予約 03-3354-2024
[PR]

by michikies | 2008-04-17 11:24 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その17

そういえば、発売してからのクロニクル。
またぽつぽつ思い出しながらのエピソードなど少し。
よかったらお付き合いください。m(_ _)m


c0123679_15404098.jpgc0123679_15423444.jpgc0123679_1543686.jpg


今思うと、本当によく「会話」をしていたと思います。
もちろん何にでも意思の疎通、コミュニケーションがなければダメなんですけど、
レコーディング以外でも普段から、よく喋ってましたよ。
音楽のことでもそれ以外(の方が多いかも)のことでも、色んな意見を交換して
相手の思ってることにいつもアンテナをたてておく。
で、いざ具体的な制作過程に入って「あいつ何考えてるかわからニャイ…!!」
みたいなヤバい状況(笑)になることもありませんし。
得てして交流不足だと結構現場でそういうことがあるので(大昔には経験あり)
普段から仲間と無駄話することもそうそう無駄ではないかも、
なーんて思ってたりします。
仲良しグループというのともちょっと違うし、仕事だし。


c0123679_15591713.jpg

立派な大人たちが、よってたかって1つのものを作り上げる、
あぁでもーこうでもーって、まじめに相談しながら、時に迷いながらも最後は笑顔で。
大変さが100あったら結局報われる部分て1〜5くらいなのかもしれないけど、
その僅かなヨロコビがね、相当な格別なものだったりするのを、
みんなと過ごしている間にすごく実感するんです。
でもそれはなかなか言葉に表せないし、
だからやっぱりアルバムを、音を聴いてもらって、その波長の中に
色々な想いを汲んでもらうしか我々はできないんですけれど。



おまけ。
c0123679_1682328.jpg
なんかこの写真を見てると
子供に(見えるだけです、スミマセン野力さん…)
よってたかって大人が何か言ってるみたいで、
どうしても笑ってしまうんですが。
アットホームな現場でした(あは)!
[PR]

by michikies | 2008-02-28 16:15 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その16

c0123679_21565391.jpg
歌詞を書くために、
今回は特に様々なアプローチを
試んでみました。曲と歌詞と作るなら
どちらが苦手?と言われたら、
実は迷わず「歌詞」と答えてしまいます。


20代の頃は細かなディテールにこだわりすぎて
曲としての言いたいこと、や「起承転結」に欠ける部分が多く
大抵同じパターンの曲ができあがることが多かったように思います。
他のシンガーソングライターの人たちともこの話をすると、
大抵みなさん心当たりがあるとおっしゃいます。
同じところから抜けきれない壁が毎度毎度やってきて
「もぅ書きたくないなぁ」と思ったことは数知れません。

今回のアルバムの中で自作の9曲のうち(2曲はカバーなので)
歌詞が先なのもあれば、作詞と曲が同時というものもあります。
はたまたバンドのレコーディングが終わった後で
野力さんのオルガンと渡嘉敷さんのリズムに触発されて、それまでを
全取っ替えして書き直したものもありました。
どうしても春風を思い起こすサウンドだったのです!
(聴いたらすぐわかるかなぁ…当ててください・笑)

あと、これは思いのほか成功した方法なのですが
起承転結をブロックごとに区切って、
第一ブロック:起 → ○○と○○が出会う /夜/ 場所は渋谷
とかって、それぞれ展開を箇条書きにしてまるでドラマの脚本のように
あらかじめ細かく設定をしておくと、途中で言いたいことがブレずに、そして
ディテールだけにこだわって終わることが少なかったように思います。
つれづれ〜なるままに書いて成功する曲もありますが、
大抵は計画的なものがないと、独りよがりで終わってしまうことも多かったです。

譜面を起こすことも同じで、先日ラジオで筒美京平さんが
このようなことをおっしゃっていました。
「作曲をしたら一度譜面に起こしてみると、
 自分の作品を客観的に見ることが出来るよ、と若い人に勧めてます。」
演奏するためだけの記号だけでなく、
確かに、小節数やメロディーの動きも一目瞭然で理解できますし、
それに「あ、この部分要らないなぁ」と整理もできます。
やや面倒くさいと感じることも、急がば回れ、で
コツコツとが大事なんですね(泣)。
[PR]

by michikies | 2008-02-15 23:34 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その15

c0123679_225869.jpg

プロツールスの画面です。


これは何を録ってるときだったかなぁ…。
個人で使ってる人も多く、本当に便利なソフトです。
コレひとつあればお家でCD作れちゃうんだけど、
やっぱりスタジオで生セッション以上の感動ったらないもので…。
道具はやっぱりあくまで道具として使えたらとは思うんですが。


**


さ、これは何の機械でしょう?
 

c0123679_22523626.jpg
c0123679_22532074.jpg


ここから音が出ます。うぃんうぃんうぃん…


  ・
  ・
  ・

c0123679_22535185.jpg
ハモンドオルガン
レスリースピーカーです。


そういえば、1stの『春を待ってる』のヴォーカルは、
実はこのレスリーを通してるんです。
スピーカーだけガタガタと運んできてセッティングしたのを思い出します。
当時新人だったアシスタントのノグチくんが、ぽかーん、て顔してたなぁ。(笑)
まさに音が回る感じ、うっすら(ちぃぃぃ…)ってレスリーのノイズが入ってます。


c0123679_2329919.jpg
正しい使い方。(笑)
天才が奏でると、生き物のように
音色は変幻自在です。
音量もかなりあります。


[PR]

by michikies | 2008-02-12 22:03 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その14

c0123679_16552353.jpg
あー。
今年は神宮でのオープン戦1日しかないんだよなぁ。

ぶつぶつ…。
…。



c0123679_170156.jpg
再び、レコーディング時のお話。

歌入れは10月中旬〜11月初旬にかけて
1日1〜2曲ペースで。



c0123679_1772759.jpg
歌用のマイク。
ズラ(と勝手に命名)を被せて息吹き防止。
あとは、マイクと口の間に
薄いカバーを挟む方法もあります。



c0123679_17145219.jpg
ちなみに、ヴォーカル用ではないけど
こちらはズラ無し状態のマイク。
同じメーカーの同機種でも一個一個に
個性があって、音も違うらしいです。
(エンジニア談)



そいえば、ヘッドフォンにも、当たり外れがかなりあるんですよね。
使い込んでる状態でももちろん違ってきますが、
同機種の新品をそれぞれ効き比べても、違いが結構あるので、
本来は購入する時に店頭で効き比べできるといいんだけれど。。。




c0123679_17251011.jpg
歌入れで、意外と楽しみなのは
コーラス入れなんです。
今回は多重コーラスにも挑戦してますが、
通常、だいたい3声から4声で曲調によっては
一人一人のキャラクターを考えて、
若干、声を変えたりして(笑)入れるんです。




おまけ。

c0123679_173568.jpg

あ、ニンジャ!?(笑)



c0123679_17355667.jpg
スタジオにニンジャが!!って言いながら、
渡嘉敷さんと
カメラをいぢって遊んでた時の写真。


[PR]

by michikies | 2008-02-09 17:45 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その13

c0123679_0585316.jpg
ども。
お台場からの眺めです。岩淵水門から移動して
この頃時間は16時をすでにまわったあたり、
夕暮れのショットを狙ってます。


c0123679_123354.jpg
おっほ〜
すっかり観光気分ですよね。
みんなで、やいのやいの言いながら(笑)
他のお客さん方に交じって満喫してしまいました。



c0123679_161854.jpg
頂いたスナップに風景もたくさん含まれており、
当日の空気感が甦ります。
同じ時間帯、カメラを構えた人を結構見かけて
お互い邪魔しないように、空気を読みつつ(笑)
譲り合いの精神で、撮影開始。



海辺なので、一気に気温が下がって寒さが襲います。
岩崎さん(スタイリストさん)が用意してくださったダウンコートは
背中にカイロが貼ってあって、本当に助かりました。
背中を温めるのはかなり効きます!おすすめです。


c0123679_1172337.jpg
コートを脱いだら、あとは、気合いだーーー!! 

だー!!


c0123679_131013.jpg
だー!
c0123679_1332472.jpg
だー!!


c0123679_136467.jpg
再び、夜景をバックに。この広場と海辺とを
実は何度も往復して、様々な光の加減を試しながら
三部さんに丁寧に1枚1枚撮ってもらって。



朝早くからおおよそ12時間近くに及ぶ撮影もいよいよラストカット。
疲労感もMAXでしたが、なんかとっても良いものが出来るだろうという
不思議な確信がありました。みんなで作り上げた感が心地よい。


c0123679_1413797.jpg
c0123679_1454810.jpg




そして、とても素敵なジャケットが出来上がったのでした。
みんなで打ち上げができるように、CDが売れるように、
どうぞみなさん祈ってて(いえ、本当は、買って〜☆)ください(笑)!
m(_ _)mオニガイスマス
[PR]

by michikies | 2008-02-08 02:07 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その12

c0123679_1433153.jpg
写真撮影スナップの続きです。
ここは岩淵水門というところです。


c0123679_1514896.jpg
お仕事中の
カメラマン三部さん。


c0123679_1533292.jpg

この頃になると、若干ポーズにも
自然さが出てきてました、…かな(笑)。



c0123679_1592153.jpg
そよ風吹いて、川面は凪。
ほのぼのした荒川の土手の風景に
「金八先生歩いてそうだよねー」なんて。



c0123679_2435819.jpg

この後、夕暮れを待って一路お台場へ向かいます。

つづく☆


[PR]

by michikies | 2008-02-07 02:44 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その11

ロケ話の続きです。


c0123679_2393223.jpg
朝6時にメイクを始めて
7時過ぎから代官山をてくてく。
朝日を浴びながら撮影は始まりました。



c0123679_23135994.jpg
さすが代官山なのよね、
高級犬ばっかりだわー
ほんとだわー
なんて
おしゃべりしつつ。



c0123679_2329220.jpg
このおっされーなカフェは
『カフェ・ミケランジェロ』さん。
開店前の店内をお借りしました。
ありがとうございました。



c0123679_23353146.jpg

お日様がさらに輝きだした頃の
ここは、NHK前の並木道です。



c0123679_2342557.jpg
こうして落ち葉が敷き詰められると
まるで絵画のような色彩です。
よく知ってる場所でも、
魅惑の横顔が
あったりするんだなっ!(笑)

…つづく


[PR]

by michikies | 2008-01-31 00:02 | アルバムクロニクル

ニューアルバムクロニクル その10

お外編。

c0123679_23423710.jpg


ロケをしました。
アルバムジャケット、その他チラシや宣材とよばれる用の写真を撮りに
朝早くからみんなでロケバスに乗って、都内各地をまわりました。

12月の初旬で、お天気もよくて。
早起きのツラさもぶっとぶようなご機嫌なロケでした☆

c0123679_23471831.jpg


今回はジャケットだけでなく、
インナーのデザインにも写真がたくさん使われています。
面白いです。ふふふ。




c0123679_23542669.jpg
課外学習のちびっこ達が
先生の話をきいていました。
拡声器じゃなくても、
聴こえる距離だと思ったけど…(笑)


[PR]

by michikies | 2008-01-28 23:58 | アルバムクロニクル